top of page
  • 竜二 井倉

パーマとカラーどっちが痛む???

どもっ!

早速ですが題名の(パーマとカラーどっちが痛む???)の話しです。




パーマをした方は結構な確率で言います。

『パーマをかけたら痛んだ』と。

痛むかもしれないが、痛まないかもしれない....

話が長くなるよっ

僕も起きちゃうから、端折りながらわかってもらえるように話まーす。

何回かに分けてね笑笑


文章書くの苦手なもんで......

先ずは髪の毛の状態が一緒ならカラーの方が痛むし痛みやすいです。

デジタルパーマや矯正、ブリーチなどは別としてね。

普通のカールやウェーブと白髪染めやおしゃれ染での話です。

この話は科学です。



超絶に端折ります笑

パーマは1液で結合を切って2液で固定します。

カールやウェーブの形状にする為にロッドに巻いてます。

固定は切った結合をまたくっつけるみたいなね

出した物は元の位置に戻すのと一緒!!

しかーしカラーは明るさを出す為や色を出すだけ。

これって分かるかなー??わかる?

明るくするってことは日本人の黒髪の色素を破壊破壊破壊破壊王

してるだけで元には戻さないよね。

やり逃げー

これが1番の原因かなと!

まだまだ話したらないけど次にします

次、これからの話は

・パーマをかけた髪の毛はどんな髪の毛??

・破壊破壊破壊王はダメージ王のわけ

・破壊王を食い止めるには

などかな.......

お付き合いよろしくお願いします。



閲覧数:612回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シャンプーの仕方 part2

少し前にシャンプーの仕方のお話をしました さて、いよいよ本題です ブリーチ毛のシャンプーの仕方は まず、ぬるめのお湯でしっかりと地肌の汚れを落とすイメージで流します そのあとシャンプーを適量手に取り、地肌に馴染ませるように撫でながら塗布します そうすると少しずつ泡立つようになります 全体的にシャンプーをつけたけど泡立つ感じがなければ一度軽く流して、再度同じことをします 塗布した段階でなんとなく泡立

Комментарии


bottom of page