top of page
  • 執筆者の写真学 染谷

ヘアオイルの使い方

ハイトーンカラーやブリーチを使ったデザインカラーが主流となっている近年、オイルを使ってスタイリングするなんて事が多いのではないでしょうか?


使う機会が増えたオイルにも種類があるのは知っていますか?

1つは、アウトバス(洗い流さないトリートメント)

としてのオイル

もう1つが、スタイリング剤としてのオイル

主にこの2種類に分けられるかと思います。


アウトバスとしてのオイルは基本は濡れた髪につけて、ドライヤーをする

主に髪の表面をコーティングしてドライヤーの熱などから髪を守る。

と言った効果が期待できます


スタイリング剤としてのオイルは乾いた髪にコテやアイロンを使った後の仕上げ剤として使う

物によってはアウトバスとしての使用も可能

少し広がる髪の毛を落ち着かせたり、まとまりを出したり、濡れた髪のようなツヤを出したりといった感じでしょうか。


どちらのオイルもつけすぎると変に重い質感になったり、ベタっとした感じになる事があるので使う量には気をつけましょう。






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シャンプーの仕方 part2

少し前にシャンプーの仕方のお話をしました さて、いよいよ本題です ブリーチ毛のシャンプーの仕方は まず、ぬるめのお湯でしっかりと地肌の汚れを落とすイメージで流します そのあとシャンプーを適量手に取り、地肌に馴染ませるように撫でながら塗布します そうすると少しずつ泡立つようになります 全体的にシャンプーをつけたけど泡立つ感じがなければ一度軽く流して、再度同じことをします 塗布した段階でなんとなく泡立

Comments


bottom of page