top of page
  • 執筆者の写真晴香 鈴木

酸性とアルカリ性


私たちの使う薬剤に関係してくるのが

pH(ピーエイチ、またはペーハー)です!

科学の授業で習ったと思いますが、髪のダメージや薬剤反応に大きく関係してきます!



アルカリ性や酸性を決める物差しとなるのが「pH」すなわち水素イオン指数(水素イオン濃度の指標)です。 pH7が「中性」で、7よりも大きいものを「アルカリ性」、小さいものを「酸性」と言います



元々髪の毛は弱酸性pH5.5くらい

カラー、パーマなどの薬剤はアルカリ剤を

用いてキューティクルを開き、薬剤を浸透させます!


矯正の強い薬やブリーチは高アルカリとなります!その分ダメージケアもしっかりしてあげないといけないものです


身近なもので「酸性」の物質には、食酢・レモン・ワイン・ビール・しょうゆ・シャンプー・台所用洗剤などがあります。 代表的な「アルカリ性」の物質は、海水・重曹・石けん・カビ取り剤・洗濯洗剤などです。 中でも洗剤は、酸性・中性・アルカリ性の3種類がそろっています。



夏なので海に行く方、海水や海風によって髪がゴワゴワしませんか?そんな方は薄めたレモン水を霧吹きなどで振りかけてあげるのがオススメです!


アルカリに振られた髪が元の弱酸性に近づきます!そこからシャンプーしてあげるといいですね!


最後に一つ、酸性・アルカリ性どちらも数値が高いものだと髪も肌もそれぞれダメージします!

酸性だからいい、アルカリだからダメってことではないので注意しましょう!


Instagram


💫カラー💫




☘️ストレート☘️


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

酸化と糖化

聞いたことあるでしょう? 酸化=タンパク質や脂質が酸素と結びつき劣化すること 糖化=タンパク質や脂質が糖と結びつき劣化すること なのですが、これは普通の生活でみんなが起こってしまうことで、放っておくと老化が進行します! 髪の毛も頭皮もたんぱく質、脂質なのでもちろんどちらも起こります! 髪が細くなった、パサパサする、薄くなった気がする、、、、。 そう感じる前に防止しておくといいですね! シャンプー、

ここだけの話

スーパーロングやハイトーンの髪の人は 毎日髪洗わないって人意外と多いです🤭 ayumi🌼 https://www.instagram.com/ayumin0180?igsh=cXpvbmc1aTNubjM%3D&utm_source=qr aura🏠 https://www.instagram.com/aura20170301?igsh=MXZyc2ZqZmlhMGp1dQ==

ブリーチ毛、海だめ?

カラーされてる方はわかるとおもうのですが、 (パーマはかけたことないのでわからない) 海あがった後って髪の毛やばくないですか? 海水の塩でキューティクルが捲れ上がるし 髪の毛が健康で1番安定してるpHからアルカリに移動することで切れやすかったり (もちろん無理やりとかして、ちぎれてる恐れもあります) なので、海あがったときレモン果汁を水で薄めたものを髪の毛にかけてあげましょう 目安はほんのり味する

ความคิดเห็น


bottom of page